サブスリーランナーに訊く
サブスリーランナーへのインタビュー

■ 第1回 ブッちゃん(田渕正樹)さん
  ブッちゃんの写真
51歳にして、今なお記録更新を続ける熱きランナー。
50分切りの壁に阻まれ続けたが、昨年12月、ついにその壁を破り、2時間47分台でゴール。その熱き魂は、人々に感動を与えます。


■ 年齢・走歴を教えてください。(2002年4月現在)

51歳。走歴は11年(ただし中学高校時代6年間は陸上競技部)

■ 走りはじめたきっかけは?

40歳の時、何も運動をしていないのに、元陸上部と言う事だけで自信をもって走ったマラソン大会(10km)で、惨敗したのが悔しくて。

■ 初サブスリーは、いつ、どこで達成されましたか?

1998年2月、京都木津川マラソン。タイム:2時間55分49秒

■ それは、走り始めて何年目、何回目のフルマラソンでしたか?

40歳から走りはじめ7年目。最初はフルを完走できるなんて想像もしなかった。
初フルから6回目。初フルは第5回福知山(3時間8分18秒)。

■ その時の感想をお願いします。

3時間ペースメーカーに着いていったのですが、自然に前に出てしまうのを抑えながら走ってました。20km過ぎてガマンできず勝負に出たが、ゴールするまで不安でした。ゴールした後は嬉しくて、一人ではしゃいで周りの皆さんに迷惑を掛けたと思います。周りにいた皆さんゴメンなさい。

■ フルのベストタイムは?

2001年12月、防府読売マラソン。タイム:2時間47分36秒

■ 月間走行距離を教えてください。

約300〜350km/月

■ 主な練習内容を教えてください。

以下目標としている練習内容です。
 ・シーズンオフ(4〜9月)
  3月末〜4月はリフレッシュ期間でノンビリ走る。(5'30"/kmペース・以下同)
  5月〜8月は平日ペース走15km(4'30")、休日は40km以上のLSDを行う。(4'30"〜5'30")
   ※月間400kmは走ろうと思っているがなかなか出来ない。
  9月に入り気候が良くなると、距離よりスピードアップに重点。ペース走は4'30"以内目標。
 ・シーズン中(10〜3月)
  15kmのペース走(4'00"〜4'15")に、
  週1〜2回のインターバル(1000+200)×10(3'35"〜3'45")を加える。
  大会の日程を考慮しながら、40km、30kmのポイント練習(4'15")を月1回程度。
  ローカルな大会で調整する事もある。
 ・大会直前以外は基本的な筋力トレーニング゙は継続
  筋トレは、ダンベルで適当に負荷をかけおこなう。
   ハーフスクワット 150〜200回
   腹筋             50〜 80回
   背筋            100〜130回 
   腕立て           20〜 30回
   カーフレイズ     100〜150回  各×2sets

■ サブスリー達成に効果のある練習をいくつか教えてください。

3時間を切るには、LSD中心の練習では限界がある。
できれば30〜40kmのペース走(目標ペースの80〜90%で)は取り入れるべき。

■ ズバリ!サブスリーをやるために一番大事なことは?

一つだけ挙げるなら「なんとしてもヤル」と言う強い意思。
大会時よりも挫けそうになる練習中にこそ必要かも。

■ サブスリーを目指すランナーにアドバイスをお願いいたします。

フルマラソンで3時間を切ることは、市民スポーツではかなり高い目標であり、時間もエネルギーもかかる。
しかし我らは市民ランナー。ランニング以外の生活も大切。
練習できる生活環境や生活基盤が不安定では、いくら気持ちがあってもしんどい。

■ その他、上記質問以外で何かあればお願いいたします。

マラソンは情熱と戦略のスポーツ。「心は熱く頭はクールに


マラソンにかける情熱は、誰にも負けないブッちゃん。
いつまでも記録更新を目指し、若いランナーの目標であり続けて欲しいと思います。
ありがとうございました。
by ほにゃらか

Copyright (C) 2001-2004 Honyaraka All rights reserved.